金券ショップで新幹線回数券を購入する時の注意点
2016.12.20

subimg01新幹線の回数券を金券ショップで買う場合には、何点か注意が必要になってきます。一番大切になってくるのは、有効期限です。実際に使うときになって、有効期限が切れていては意味もありません。金券ショップに流れている新幹線の回数券は、有効期間が終わりに近くなってくると、安売りされる傾向があります。また、同様に区間も考慮が必要です。需要の無い区間は安価で買うことは可能ですが、いざ旅行や出張で使う場面になったときに、区間が足りず、返って高くついてしまうこともありえます。ショップに流れている回数券は、主にJRでは払い戻しのできないものが売られています。そこを理解して自分の目的にあった回数券の購入を実施していきましょう。

新幹線の回数券は乗車券と特急券がセットになっている場合もあります。新幹線の回数券を買う際しては良く確認をしておくべきです。新幹線で出かける場合には、主に長距離の可能性がほとんどのはずです。長距離で出かけることを考慮して、喫煙スペースがあるかなどを事前に調べておきましょう。新幹線回数券の買うのは店舗でもネットでも可能ですが、どちらで買うにしても考慮しなくてはいけない注意点でもあります。忙しい方は、店舗に通う時間も無いので、ネットでの購入を検討するでしょうが、ネットの場合は店舗より高くなっているケースも多いです。店舗で買ったほうが、有効期限や区間にあわせて安く購入はできる傾向にあります。ネットで買う場合も、何サイトか比べてから、自分なりに判断して賢く買っていきましょう。

新幹線回数券は、基本的には6枚綴りで有効期限が3ヶ月のものがほとんどです。割引率は5%程度でJRで発売されています。安いと考えても、割引率と相違の無い場合も意外とあります。回数券ですから、期間内に消化しなくては無駄になってしまいます。仕事や旅行で確実に使う予定が無ければ買うのが意味も無い場合もあります。利用期間と利用区間がしっかりしていれば、ネットで調べ、店舗に電話をして価格を調べ買うほうが良いでしょう。区間の定めもありますから、途中下車をするわけにはいきません。この辺の注意点を考慮して上手に買うことが出来れば、新幹線回数券は、非常にお得な旅行チケットにもなってきます。ショップによって価格は様々ですが、必ずお得な価格で売っているところはあります。安く新幹線料金を上げるためにも金券ショップを活用していきましょう。

▲ ページトップへ