指定席回数券の使い方
2016.12.20

subimg05新幹線を使って、グループで旅行をする場合には、個人個人で席を抑えるよりも、新幹線回数券を購入した方が良い場合もあります。金券ショップなどでばら売りで購入をしても良いですが、6枚つづりになっていますので、グループなら直ぐに使用する事が出来るでしょう。ですが、意外と使い方を知らなくて、怖くて購入する事が出来ない都言う人も中には多いのではないでしょうか。使用方法さえ覚えてしまえば、今度から簡単に利用する事が出来ます。旅行の料金を少しでも格安にしたいと考えている人は、是非使い方を覚えてしまいましょう。

新幹線回数券には、自由席と指定席の回数券があります。自由席の場合には、座席の指定をする事が出来ませんので、持っている回数券をそのまま駅の自動改札に通すだけで乗車をする事が出来ます。また、新幹線は自由席にのみ使用する事が出来ます。指定席の回数券の場合には、使用する前に駅の窓口や販売機を使って、座席を確保する必要があります。座席の指定は、当日ではなく乗車する日の1ケ月前から購入をする事が可能です。帰省ラッシュや旅行で込み合う時期は、余裕を持って座席を確保しておくと安心だと言えるでしょう。JR東日本の新幹線の場合には、購入をした指定座席券と回数券を2枚重ねて自動改札機に通しましょう。そうすれば、情報が車掌の端末に行くようになりますので、車内で座席指定券の確認をされなくて済みます。また、座席を確保する事が出来なかった場合には、自由席に乗車をする事も可能です。座席を確保する事が出来なかった場合には、回数券だけを改札に通すようにしましょう。

新幹線回数券は、2枚から6枚までで1セットで購入をする事が出来ます。ですが、JRの窓口ではバラ売りはしていません。どうしてもバラでほしい場合には、金券ショップなどを活用するようにしましょう。また、自動券売機では購入する事が出来ませんので、必ず窓口に行くようにしましょう。友人たちと旅行に行く際には、まとまった座席が必要になります。1人ですと、頻繁に旅行に行ったり、出張がある場合には使い切る事が出来ますが、大人数で使用する場合には是非活用するようにしましょう。使い方は非常に簡単ですし、一度覚えてしまえば次も安心して利用する事が出来ますよね。一人で旅行に行く際にも、金券ショップでバラ売りの回数券を手に入れれば、お手ごろな価格で旅行や帰省をする事が出来るでしょう。

▲ ページトップへ